食事で認知症を予防!必要な栄養はサプリでお手軽摂取

シニア

記事一覧

スーパーフードの紹介

緑のサプリメント

スピルリナは、古代から使われているスーパーフードです。高たんぱく質で、ビタミンB群を始めとするビタミンやミネラルを豊富に含み、サプリでも気軽に取り入れられます。服用する際は、バランスのとれた食事と一緒に、栄養を補うための一環として取り入れましょう。

詳しくはこちら

大切な肝臓を守るには

家族

アルコールを分解する肝臓の働きを助けるオルニチンサプリですが、肝臓に負担をかける食生活を改めつつサプリを補助的に活用しましょう。オルニチンには、肝臓をサポートする効果以外にも、脂肪燃焼効果や筋肉を強化する働きもあります。

詳しくはこちら

できることから始める

シニア

好き嫌いなく摂り入れる

認知症には発症率が高いアルツハイマー型をはじめ、脳血管型や前頭側頭型などの種類があり、主な症状として記憶力の低迷が挙げられています。注意したいのは健全な人の物忘れと認知症の物忘れには違いがあり、例えば、約束をしたこと自体を覚えているか、それ自体を覚えていないかの2択に分かれます。喪失されている記憶は認知症特有のものであり、ボケ症状とは異なる対策や対応が必要です。また認知症にならない絶対的な方法は未だ確立されておらず、認知症になりにくい予防が重要です。特に生活の環境が大きく関わっているため、食習慣や運動習慣などに変化を付ける一工夫も必要です。また予防に繋がる栄養素として、好き嫌いなく食べることは重要視すべきで、魚に含まれるDHAやEPA、野菜や果物に含まれるビタミンCやEやβカロチンなどをメインに、生活を良好にすることは予防のファーストステップです。

若年性にも期待

活動をコントロールする司令塔の脳細胞の働きが著しく悪化することによって、認知症を発症するリスクが高まってしまいます。症状にも記憶障害や行動異常など、介助の手が必要となるなど、健康的な日々を過ごすことが難しくなるために予防は必須と言えます。特に認知症予防として注目される成分が青魚に含まれるDHAで、体内ではEPAから作られるために、サプリなどの健康機能食品などには2種類の成分を同時に摂取できるサプリが提案されています。脳や神経組織の機能に働き、記憶力や学習能力の向上が期待できる栄養素の1つです。認知症予防として継続して摂り入れることで、発症率の高いアルツハイマー型に効果が期待されており、さらに計算力や判断力などが高まるために学生の学力にも結び付けることができます。さらに若年性アルツハイマー型など、若い時からの予防にも一役かってくれます。

女性ホルモンの急激な低下

生薬

歳を重ねた女性が閉経を迎えると、女性ホルモンの分泌が減り、体調不良になってしまうことがあります。これを一般的には更年期障害といい、その症状は人により異なるとも言われています。更年期障害を改善するには、漢方薬やサプリメントの服用が有効だとされています。

詳しくはこちら